中島芭旺(バオ)くんとは!?学校へ行かず自宅学習を選ぶ9歳児 | まるわかりブログ

中島芭旺(バオ)くんとは!?学校へ行かず自宅学習を選ぶ9歳児

Sponsored Link

6月21日に放送された『ニノさん』にて、「意識の高い9歳」として中島芭旺(バオ)くんが紹介されました。
登場したバオくんは、とても可愛らしい男の子なのですが、でもその可愛い外見とは裏腹に、異常に大人びた発言をします。



同時に、一緒に出演している大人に対して生意気とも取れるような発言もあり、視聴者の反応としてはむしろ否定的なものが多いように感じます。

では実際、バオくんのどんなところがすごくて、「意識高い」と言われる理由は何なのでしょうか。
どうして番組を見ていた視聴者は否定的な反応をしてしまったのでしょうか。


Sponsored Link


◆バオくんが注目されている理由

そもそもなぜバオくんが注目されているのかというと、9歳にして自らの意志で学校に行くことをやめ、そして自宅学習という方法を選択するという、普通じゃないことをしているからです。
しかも、現在の学校の在り方についての疑問を、世間に発信しているのです。



そして、ただの自宅学習ではなく、自ら学びたい人に積極的に学びに行くスタイルをとっていることで、注目を集めています。
例えば、バオくんは9歳にして脳科学者の茂木健一郎さんや、ホリエモンこと堀江貴文さんの教えに興味を持ち、著書を読んだり自ら会いに行くなどして学びを深めています。



このような行動や発言を見ていると、とても9歳児には思えませんよね。
これが、バオくんが「意識の高い9歳」として注目を集めている理由です。


◆『ニノさん』出演のバオくんを見ての感想

6月21日放送の『ニノさん』では、「意識の高い9歳」としてバオ君が登場。

「なぜ学校通いを辞めたの?」という質問に対して、「学校が嫌だから」と答えるバオくん。
「友達と遊んだりもできるじゃん」と言われると、「それが楽しいのかどうかようわからん」と回答。
「じゃあ何してる時が楽しいの?」と聞かれると、「自分であることが好き」と答え、出演者している大人たちを唖然とさせます。

更に、SNSでのこんな発言も紹介。


これに対して、大久保さんは「みんな仕事も遊びも勉強も一緒だったらいいと思うけど、世の中やりたいことがお仕事にならない場合もあるし、我慢してみんな仕事してたりするじゃない?社会って大人ってそういうもんだと思うの」と真面目に熱弁。
すると、バオくん、なんと、「それはネタで言っているのでしょうか?」と半笑いで返したのです!!!
大久保さんは不意打ちを食らったような顔をしつつ、「ネタで言ってる!」と返しました。

確かに、大久保さんは自分の立ち位置を読んで、番組的におもしろくなるように「説教を垂れるおばさん(失礼)」を演じたのかもしれません。
しかし、大久保さんが言ったことはすべて自身の経験を基にした言葉であり、正論です。

それを全然聞かずに「ネタ」と言ってしまうバオくんには、素直さとか他人に対しての尊敬とか礼儀とか、そういうものが圧倒的に欠けてるな、と思わざるを得ませんでした。

他の視聴者の反応を見ていると同じように感じた人が多かったようで、純粋に「バオくんすごい!」などと称賛する声は見られませんでした。

自分が好きな人、尊敬する人だけでなくて、自分に否定的な意見も含め、いろいろな人の意見を聞くことができるようになったら、行動力と思考力のあるバオくんのことなので、もっと「すごい」人になりそうな気がします。
そうなったときには、またメディアや何かで見てみたいなぁと思いました。

(2017年1月追記)
バオくん、なんと、本を出版してしまいました!!
私自身はまだ読んでいないのですが、レビューを見てみると、「10歳の子がこんなこと考えているなんてスゴイ!」という称賛の声と、「なんかどこかで聞いたことあるような言葉ばっかりで響かない」と言ったような否定的な意見が半々のように思います。
興味本位で読んでみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link

この記事のコメント

この記事へのコメント

まるわかりブログ TOP » 芸能 » 中島芭旺(バオ)くんとは!?学校へ行かず自宅学習を選ぶ9歳児

内臓脂肪肥満者